2016年04月12日

情けない!

情けない大人と感心な学生が対象的でした。

山陽明石から電車に乗ったら若いサラリーマンがだらしなく寝てました。

カバンを横に、新聞紙も横に広げ、缶チューハイを足下に、コーヒーパックを飲みかけて横においたまま。

完全に寝てるかと思ったら1つ目でちゃんと降りて行きました。

ただし、ほとんどのゴミを残したまま。

同じ駅で降りる学生がサッと残りのゴミをまとめて降りてくれました。

知らん顔しそうなのを当たり前な感じで、すごく自然でしたよ。本当に感心しましたー。
posted by 村上利光 at 22:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: